秋と言えば‥
女性1「やっぱり読書の秋だから、小説言えば、推理小説よね!」
男性1「違う違う、秋こそ体を動かしたくなるから、スポーツ小説だよ。」
女性2「えっ、何言ってるの?秋というと失恋や初恋ともいえる、恋愛小説!」
男性2「推理、スポーツ、恋愛とかいっているけど、一番は子供〜大人まで楽しめる冒険小説だよ」

とこのように、秋と言えば読書の秋です。

そこで、今回は読書の秋に「読みたくなる、食べたくなるような、オススメの小説ベスト3」を紹介したいと思います。

1新選組の料理人 門井慶喜

新選組というと、「池田屋事件などを襲撃した」などと言われる、近藤、土方、沖田などが出てくるとも言われますが‥今回は
剣の腕はまったく0菅沼鉢四郎は、働く妻と、幼い娘の世話をする主夫をするぐらいであった。
そんな生活を送っているやさき、突然のこと「どんどん焼け」で自分の長屋が焼かれてしまい、妻子ともはぐれてしまった。
そして会津や薩摩の炊き出しの世話しながら何とか生き延びている物の、その炊き出しが超マズイ「思わず、マズイ」と口にだしてしまった相手が何と‥

新選組の幹部‥原田左之助

その左之助に言われた言葉が、「新選組に入隊しろ、俺が局長に言っといてやる、お前をまかない専門にしよう」と言われる。

急遽新選組に入隊することに、そこから左之助との出会いで、鉢四郎の運命にも変化が、果たして妻と子には再開できるのか?
少し変わった、もう1つの新選組の楽しいストーリーの始まりです。即日融資 低金利